インフォメーション

2014.11.19 (Wed)  10:45

にくやの食べ方(タレについて)

焼肉は塩だけで食べる方や、ポン酢で食べる方、お店こだわりのタレで食べる方様々いますが、にくやでは、出来る限り皆様が美味しく食べていただけるようにと思い、様々なタレをご準備しております。

お店のタレは醤油タレ1種をご準備していますが、お客様の好みに合わせたタレが自由に選べるようにと思い、全国から有名なタレを集めています!

このタレ全部お客様に自由に使えるように、店内に準備していますので、自分に合う1本を見つける楽しみもありますよ(^^♪

治郎丸レポートの最後ですが、結局1枚30円のホルモンから290円のA5ランク国産牛のザブトンなどまでかなりの量を食べてお酒も飲んで1人3300円ぐらいの会計で終了!!

1つの部位を1枚ずつ注文したので、お腹いっぱいなるかな?と思いましたが、十分に満足出来る内容でした。

このコンセプトはやっぱり面白いし、お客様視点で見ても無駄な量を食べなくて良いのは嬉しいと思い、今回コンセプトを参考にさせていただく事に決定しました!

写真は、治郎丸の店長さんと一緒に撮った一枚です!この店長さんがしゃべりも上手で楽しく食事出来ました!

次回からの更新では、「にくや」の紹介に入らせてもらいますね(^^)

1枚ずつ注文した焼肉がゾクゾクと提供されてくるので、こちらも本気で焼きを開始です。A4〜5ランクのお肉を少量ずつでも食べ比べるのって贅沢な感じしますよね♪

こちらの治郎丸さんでは、卓上にガスロースター&ダクトは天井で吸い込みって形です。なので、若干は煙も店内に立ち上がる感じかなぁと。

にくやでは、七輪と備長炭で焼肉を楽しんでもらえるようにしていますが、排煙ダクトも各七輪ごとに配置してあるので、煙は極力もれないようには設計しています(^O^)/

2014.11.12 (Wed)  10:35

1枚180円のタン元!!(治郎丸編vol.3)

「治郎丸」さんのスタイルの一番のウリが、好きな部位を好きな枚数で頼めるオーダーシステム。

これって、焼き鳥屋とかでは当たり前にやってることなのに、焼肉店では見たことなかったシステムなんです。

タン元が1枚180円、タン先が1枚120円。どっちとも注文して食べ比べたりしたくなっちゃいますよね(・ω<)


「治郎丸」さんは、タレなどは、お店の準備している醤油ダレが1種と塩のみのシンプルな味付けをオススメされている店舗様ですので、この辺りは、「にくや」では色々工夫してお客様に楽しんでもらおうと考えていますよ〜

2014.11.11 (Tue)  10:03

治郎丸の店内へ!!(治郎丸編vol.2)

前回に続き、立喰い焼肉店「治郎丸」さんのレポートを!
約1時間並び、ようやく店に入る事ができたのですが、ネタケースがドンッ!とカウンター全面に置いてあり、その中にお肉が並んでいます。
メニューも、カウンター後ろの木札に30円〜300円ぐらいまで部位ごとにわかれ約30品目。ワクワクしちゃいますね〜
注文もいっぱいしたので、次回はいよいよお肉の紹介です(^^)

1 2